PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)の評判

PELLE MORBIDA (ペッレ モルビダ) のカバンの魅力

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)の評判

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)のその人気と上質さは、いわゆる「口コミ」の効果も大きいと言えるでしょう。

その発端は様々あるかもしれませんが、現代のファッション業界トップクラスに君臨する某プロデューサー氏の「美」への強い想いが大きいでしょう。
多彩な情報誌の編集者としてテレビ番組への出演も多い他、ラジオ番組、各イベント、ブランドプロデュースなども手掛けているプロデューサー氏は、このペッレ・モルビダにも深い関心を寄せていますが、実は驚いた事に、このプロデューサー氏こそ、メイドインジャパンに強く拘ってこのペッレ・モルビダを立ち上げた開拓者、創始者なのです。
兵庫県姫路市松原地区生産のなめし革や、それを手掛ける職人たちが力を漲らせる理由がここにあるのでしょう。

プロデューサー氏は「移り変わる流行よりも、普遍的で美しいスタイル」「多くの粗悪な物よりも、少しの良いもの」という二つのテーマを掲げています。
世の中がどう動いてもそれに動じない永久的な美しさ、大量に生産されても結果無駄になってしまう物より、ほんの少しだけど輝きを放つ美しい物。
時代の最先端を進みながらも、日本の伝統を重視するプロデューサー氏の思いをもう少し言い換えるならば「年齢を重ねるにつれ、安い物を多く持つより、少なくても良質な物を長く大切に使う事だ」という、現代日本人へのメッセージと言えるかもしれません。
そうあるためには「素材に目を向ける」…厳選された良質で貴重な素材があってこそ、後の世まで伝えられる良い物が作られるのでしょう。

日本の職人の技術や魂をギリギリの場面まで生かす事で、柔らかく軽い肌触りや、年月を経過しても失われない美しさと輝きを保つ…プロデューサー氏の強い思いが、インターネットという最先端技術によって広まり、それがさらに口コミとなって広まり、世の中の老若男女を問わない多くの人々に、メイドインジャパンの精神として伝わったのでしょう。
新しい物を使いながらも、古きを尊ぶプロデューサー氏の思いが伝わってきます。