PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)のアイテム/ショルダーバッグ

PELLE MORBIDA (ペッレ モルビダ) のカバンの魅力

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)のアイテム/ショルダーバッグ

世界最高級ブランドのPELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)の手掛けるバッグは、ショルダーバッグ、トートバッグ、クラッチバッグなど、少なくとも200個以上に上ります。
この中で、気軽に肩に掛けられるショルダーバッグは、約35種類が検索できます。
一言でショルダーバッグと言っても、様々な型の製品があります。
細長い舟形ショルダーバッグ、ほぼ正方形に近いワンショルダーバッグ、縦に長い縦型ショルダーバッグ、紐の長い「薄マチ」ショルダーバッグが主になるでしょう。

文字通り船の形をした舟形バッグは、大海原を航海する船のペッレ・モルビダらしさを出した一品です。
どこか地面に寝そべっている仔猫を想い出させるような愛らしい第一印象を感じさせるでしょう。
愛らしい外見とは反対に、機能はしっかりしています。
仕切りのあるポケットや、スムーズに物が収納できる内装であるのに加え、イタリアを代表する生地メーカーのリモンタ社で生み出された丈夫なナイロン素材で包まれています。
シンプルな外見の中に、職人たちが手を込めた繊細さが感じられ、少しリッチな気分で楽しくお出かけができるでしょう。
しかも両手を空ける事ができるので、ちょっとしたウオーキングやハイキングのお供に相応しい製品です。

ショルダーバッグの中で最も特徴的な形をした縦型ショルダーバッグは、表面の皮革に、兵庫県姫路市松原地区で生産された皮革を使用して、細かい縮み皺模様をあしらったシュリンクレザーという技術が施されています。
まさに日本の職人たちの魂がこもった一品でしょう。
内部は、マイクロライトスエードという羽毛のような心地よい手触り感があります。
この製品もちょっとしたお出かけには最適、表面の金属部分が光ります。

数あるショルダーバッグの中で最も一般的と言えるのが「薄マチ」と呼ばれるショルダーバッグでしょう。
独特の被せが施してあり、中は広々としており、物の出し入れがとても楽です。
しかも被せの部分もポケットになっているので、小物を入れるのに助かります。
実はこの製品にも、兵庫県姫路市松原地区で生産された皮革が使用されています。
日本の職人の魂がここにも生きています。